大学院

メンバー

中川 敬汰(令和2年3月修了)「療養病棟入院中の軽度から中等度の認知症患者において、日常生活活動と基本動作能力の低下が認知機能に及ぼす影響」

佐々木 真理

三好 大樹

業績

論文

Kota M, Moriishi M, Hazama A, Hiramoto K: Assessment of the effects of a group intervention program used in home-dwelling elderly individuals to promote home exercise and prevent locomotive syndrome. J Phys Ther Sci. 2019; 31(6): 470-474.

Kota M, Kudo H, Okita K: Factors affecting physical therapists’ job satisfaction: questionnaire survey targeting first-year physical therapists. J Phys Ther Sci. 2018; 30(4): 563-566.

学会発表

中川敬汰, 北風草介, 多村明大, 宍戸真知子, 大庭総一郎, 金井秀作, 甲田宗嗣: 療養型病棟の軽度から中等度認知症者におけるトイレ関連動作の自立度と認知症評価バッテリーの関係: 自立群と非自立群の比較. 第33回中国ブロック理学療法士学会; 2019.9.8, 周南市. 抄録集(オンライン)

中川敬汰, 北風草介, 金井秀作, 甲田宗嗣: 軽度アルツハイマー型認知症者の移乗前の車椅子 操作獲得を目指した取り組み:声かけ介助なしの 操作に向けて. 第23回広島県理学療法士学会; 2018.12.2, 東広島市. プログラム・抄録集, pp33

著書、依頼原稿、その他

甲田宗嗣. 理学療法とは: 上杉雅之 (監). イラストでわかる理学療法概論. 東京. 医師薬出版; 2020, pp1-22

甲田宗嗣. 回復期理学療法の定義: 甲田宗嗣, 手塚純一, 斉藤秀之 (編). 理学療法MOOK22 回復期の脳卒中理学療法. 東京. 三輪書店; 2018, pp2-11

甲田宗嗣. 重度の身体機能障害により座位保持困難であった症例の実用歩行獲得: 甲田宗嗣, 手塚純一, 斉藤秀之 (編). 理学療法MOOK22 回復期の脳卒中理学療法. 東京. 三輪書店; 2018, pp162-170

手塚純一, 甲田宗嗣, 斉藤秀之 (編). 理学療法MOOK22 急性期の脳卒中理学療法. 東京. 三輪書店; 2018

Print Friendly, PDF & Email